撮影スポット

3日間の山口・広島弾丸ツアー~【3日目】やっと行けた世界遺産「宮島 厳島神社」~

3日間の山口・広島弾丸ツアー~【2日目】やっと行けた世界遺産「宮島 厳島神社」~

3日間の山口・広島弾丸ツアー記録。
最終日の3日目は山口県の岩国市にある「錦帯橋」と「宮島 厳島神社」へ行ってきました。錦帯橋と宮島 厳島神社は以前から写真を見ていて1度は行きたいと思っていた念願のスポット。この3日目、時間が限られているということもあり宮島 厳島神社にだけ行く予定だったのですが、お願いして錦帯橋にも行くことに。宿泊した山口市内から宮島への道中に、錦帯橋がある岩国市があるので、もし九州から宮島に行く人は錦帯橋にもぜひ行ってほしい観光スポットです。

日本三名橋の「錦帯橋」

日本三名橋 錦帯橋日本三名橋に数えられる錦帯橋。僕の地元長崎にある「眼鏡橋」も日本三名橋なので、眼鏡橋と同じぐらいの大きさなのかなぁ、と勝手に妄想しながら行ってみると…
めちゃくちゃでかい!洪水で何度か流され、そのたびに改修しているようですが、これが1600年後半に考え作られたと考えると、当時の橋大工さんに頭が上がりません。

錦帯橋実際に渡ってみると…まぁ、なんと渡りにくい。
おそらく昔の人の着物に合わせた階段の高さになっているのでしょうが、まぁ渡りにくい。
ですが、雰囲気は抜群。雨のおかげか朝靄もあり錦帯橋の雰囲気が引き立っているような気がします。この岩国の町も城下町で山の上には城が見えたり、長崎には無い光景で癒されました。
春には錦川沿いの桜が満開になり、県内外問わず多くの観光客でにぎわうそう。中国地方を代表する花見のスポットとしても人気だそうです。

錦帯橋から見える景色この写真は、なんとなく山の雰囲気が良かったので撮りました。

念願の世界遺産「宮島 厳島神社」

錦帯橋から1時間程高速道路を走り、宮島市内に到着しました。宮島がある宮島口へ。車を駐車場に停めフェリーに乗船。数分で厳島神社の代名詞、海中鳥居が遠くに見えてきました。

宮島 厳島神社島全体、島そのものがご神体ということで海中に鳥居が作られたそう。
15分ほど乗船すると宮島に到着。

宮島港を出るとさっそく宮島名物「鹿」さん。長崎で街中に猫がいるような感じで鹿がいました。事前情報で「獣臭い」と聞いていたのですが、雨と冬のおかげか臭いは全く感じることなく過ごせました。

港からお土産屋が並ぶ通りを抜けると海中鳥居が鎮座。

宮島 海中鳥居この鳥居は地面に埋まっていないらしく、鳥居の重みで海中に建っているとのこと。
今年の6月頃には改修工事が始まるらしく、この姿を見れなくなるそうです。
ちなみに鳥居まで歩いて行ける引き潮の時にしか改修工事の作業ができないらいしので、工事はいつまでかかるか分からないそうです。もし生きている間に宮島を見たい方は、6月までに行くことをおすすめします。←大げさすぎ?

厳島神社厳島神社内に入るとおごそかな雰囲気に包まれます。

厳島神社

厳島神社外観を撮影しようと思ったのですが、工事中…

欲を言えば満ち潮の時に来たかった。
宮島を訪れるなら満潮か、鳥居まで行ける大潮の引潮をおすすめします。

山口・広島の3日間を終えて

宮島を最後にそこから長崎まで一気に車で帰りました、約6時間。車ではもう行かなくていいかな。
山口・広島の観光名所を各地訪れましたが、トータルで考えても山口・広島は楽しむことができます。子連れでの観光はちょっと大変かもしれませんが、写真を撮ることを目的にしていくなら十分楽しめます。特に、神社仏閣を撮影することが好きな写真家さんにはとてもおすすめ。特に萩。今回の一番のインパクトはやっぱり東光寺かなぁ~。

ではでは。

ABOUT ME
Cayce
長崎県在住のCayceです。2012年にNikonのD5100を買って以来、カメラにドップリはまっております。現在、某旅行会社の専属Web担当として働いています。その仕事柄を利用して、西日本の観光地に出かけ写真を撮ったり撮らなかったり。(笑)撮影ツアーもやったりしてますので、このブログで先行告知したりするかもしれません。ちなみに今はSONYのα7を使っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です