ガジェット

三脚の取り外しラクラク3秒!SLIKのクイックシュー「DQ-20N」購入レビュー!

三脚の取り外しラクラク5秒!クイックシューを使わないなんてありえない!

あなたはカメラを三脚に何秒で取り付けることができますか?

前回のpeak designのアンカーリンクに引き続き、カメラの時短ガジェットをご紹介します。

[peak design]のアンカーリンクスが超絶便利!一眼レフのストラップを5秒で装着できるガジェット!一眼レフカメラのストラップを秒で着脱することができるpeak design(ピークデザイン)のanchor links(アンカーリンクス)を使ってみての感想です。めちゃくちゃ便利でなんで早く買わなかったんだろうと後悔しながら記事を書いています。...

今回購入したのはSLIKのクイックシュー DQ-20 Nです。
クイックシューでいろいろ探してたのですが、僕が使っている三脚もSLIKなので今回はSLIKから選択することに。

小型用のコンデジに装着できるDQ-10 Nと、小型から一眼レフにまで装着できるDQ-20 Nなどがあります。今回はα7に装着予定なので「DQ-20 N」を購入しました。

年に1度のスペシャルセール!ブラックフライデー2019開催!
気になる黒い商品が安くなっているかも!?

限定品も多数あります!気になる商品を早めにチェクしておきましょう!

Amazonブラックフライデーセール会場へ!!

クイックシュー 「DQ-20 N」

クイックシューAmazonで注文して2日後には到着。たぶん店頭に並んでいていた商品で、色褪せてる感がありますがそこは気にしない。

いざ、開封

クイックシュー中身はこんな感じです。パッケージが二つ折りになっていて説明書も兼ねています。保証書も付いていて1年間大丈夫そうです。が、購入日と販売店が書いてない…大丈夫なんだろうか。一番右のベアリングのようなもの。Amazonの写真でも気になっていたのですが…

ただのスポンジだった

触ってみるとただのスポンジ。クイックシューのネジがプラスチックのパッケージに傷をつけないために緩衝材として入れてたようです。わざわざ緩衝材をAmazonの写真に載せる必要あるのか?と思いながらゴミ箱へポイッ。

クイックシュー 本体

気を取り直してクイックシュー 本体を触ってみる。持った印象は少し重いですが、カメラに付けるのは外した上の部分。

ワンタッチで外し、ワンタッチ(ほぼ置くだけなのでノータッチに近い)で装着することができる代物。思いのほか装着したときの「カチッ」の音はクセになります。

クイックシューを三脚に装着

僕の三脚に装着するとこんな感じ。

ちなみに縦と横の2軸に水準計が付いてます。

クイックシューのカメラ側はこんな感じです。若干重くなった感じがします。
遠征するときはこれにバッテリーグリップを付けるので肩がちょっと凝るかも…
まぁ、三脚への装着の煩わしさを考えると気にならない大きさです。

三脚にクイックシュー 、カメラを装着。安定感もあり、着脱も超スムーズ。今まで僕が三脚への着脱にかけてきた時間を返して欲しいですね。

説明書はこんな感じです。

まとめ

雑ではありますが、SLIKのクイックシューDQ-20Nの購入レビューでした。このSLIKだけでなく、三脚メーカー各社からクイックシューが販売されています。三脚の着脱時間はもったいないですし、シャッターチャンスを逃す原因にもなってしまいます。
ぜひ皆さんも使ってみてはいかがでしょうか。

合体したときの音が気持ちよくて1時間で50回以上は着脱してる…
[スリック]DQ-20 N

ではでは。

この記事が気に入ったらフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です