ガジェット

どれも欲しい!RX0IIとGoPro HERO7 BlackとDJI OSMO POCKETを比較してみた

どれも欲しい!RX0IIとGoPro HERO7 BlackとDJI OSMO POCKETを比較してみた

SONYからRX0IIが4月12日発売と発表されましたね。最近、動画にも興味があってRX0IIを購入する勢いで物色しております。そんな自分を落ち着かせるために、RX0IIと迷っているGoPro HERO7 BlackDJI OSMO POCKETを比較してみたいと思います。

Amazonが増税前、最後のビッグセール開催!
開催期間は9/20(金)9:00 ~ 9/23(月・祝)23:59の3日間

限定品も多数あります!気になる商品を早めにチェクしておきましょう!

Amazonタイムセール会場へ!!

3機種のスペック比較早見表

RX0II GoPro HERO7 Black DJI OSMO POCKET
特長 チルト可動式液晶モニター ハイパースムーズ
(ビデオ安定化機能)
超小型
3軸スタビライザー
有効画素数 1530万画素数 1200万画素 1200万画素
4K
センサーサイズ 1型CMOS 1/2.3型サイズ
(非公式情報)
1/2.3型サイズ
ISO感度 125-12800 100-6400 100-3200
絞り値 F4.0 不明 F2.0
RAW撮影 ×
フォーカス オート パン オート
視野角 84° 98.7º
(魚眼モード:149.2º)
80°
防水性能 10m 10m なし
幅x高さx奥行きmm 59×40.5×35 62.3×44.9×33 36.9×121.9×28.6
重さ 132g
(本体のみ117g)
116g
(バッテリーを含んだ重さか不明)
116g
バッテリー 交換可 交換可 交換不可
(バッテリー給電
しながらの撮影が可能)
最大撮影時間 最大60分 最大90分
(1080p/60 fps)
最大140分
(1080p/30 fps)
最安値
(2019/04/05)
82,503円 44,161円 44,900円

SONY RX0IIの特徴

今回発売したRX0IIの最大の特徴は「チルト式の可動式液晶モニター」といっても過言ではない。宣伝に人気Youtuberを使うほどで、Vlogをする人をターゲットとしたカメラ。Youtuberはこのカメラ一択ではないかという人もいるほど。
ただ、このRX0IIはビデオカメラではなく、あくまで高級コンデジという立ち位置とのこと。そのせいか、バッテリーの持ちが悪いことが少しネック。バッテリー給電しながらの撮影は可能とのことなので、モバイルバッテリーを持ち歩けば何とかなるかも。

今回もRX0の初期モデルと同様にZEISSレンズを使っているので画質には定評がある。
さらにGoPro HERO7 BlackとOSMO POCKETよりも大きい1型のセンサーを使用していて、さらに今回から4Kに対応しているとのことで解像度には期待大。

またRX0には付いてなかった電子式の手振れ補正がRX0IIに付いている。サンプルを確認したところGo Proのハイパースムーズほどのヌメヌメ感は無いようですが撮影時の揺れが軽減される。

金額が超ネック。

GoPro HERO7 Blackの特徴

言わずと知れたウェアラブルカメラの代名詞「GoPro HERO」シリーズのGoPro HERO7 Black
手振れ補正はGoPro HERO6のアドバンスでも十分だったようですが、GoPro HERO7からさらに進化。「HyperSmooth(ハイパースムーズ)」というビデオ安定化機能が追加された。
Youtubeで参考動画を見てみましたが全然違う。まるでジンバル使っている感じ。
ただ、夜間撮影時には無理に補正しようとしてかガクガク感が目立つ。後に紹介するDJI OSMO POCKETのほうが夜間撮影には向いているっぽい。
そして画角。通常でも100°近いですが、魚眼モードだと150°まで撮ることができる
他にもスーパーフォト機能や、TimeWarpビデオ機能、Facebook Liveなどのライブストリーミング配信機能が付いている。

1台は欲しい

DJI OSMO POCKETの特徴

超小型のカメラ付き3軸スタビライザー。GoProの電子式手ブレ補正の欠点である夜間撮影時のガクガク感がほとんどない。スマホを横に接続することができるので、上の2機種よりも大きい画面で確認しながらの撮影が可能。
あくまでビデオカメラという立ち位置なのでRAW撮影はできない。GoProと比較している人が多いせいか、誤解されている人も多いが防水・防塵機能は付いていない。(ただし、別売りのケースを使用することで防水での撮影が可能)
また、堅牢度は低いようなのでオフロードバイクに付けて走るような激しいシーン、何が飛んでくるか分からないようなシーンには向いていないようです。

バッテリーライフは140分と上の2機種より断然良いですが、バッテリー交換ができない点が少しネック。モバイルバッテリーが必須の予感。

また画角が比較的狭いですが、広角フィルターを付けることで100°まで画角を広げられるそうです。

起動したときの動きが超かわいい

まとめ

今、僕自身が買おうか迷っているので、今回「SONY RX0II」と「GoPro HERO7 Black」「DJI OSMO POCKET」を比較してみました。それぞれメリットがあって、この記事を書いている最中も、気持ちがあっちに行ったり、こっちに行ったり。情緒不安定な状態が続きました。笑
購入はまだ先かもしれませんが、ぜひ迷っている方がいらっしゃいましたら、参考にしていただければ幸いです。

ではでは。

ん~。RX0II買うならGoProとOSMO POCKETの2つ買い…w
この記事が気に入ったらフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です