ガジェット

α6400と一緒に買うべきレンズ!α6400で使えるEマウントレンズまとめ

α6400

α6400の発売がいよいよ近づいてきましたね。もう購入予約を済ませている方も多いのではないでしょうか。

前回はα6400のスペック情報を紹介しました。

α6400
α6400は買いか!?SONYの新型ミラーレス一眼カメラα6400のスペック情報と考察!SONYからα6300の後継機として2/22に発売予定のα6400のスペック情報をご紹介。 そのスペック情報とα6500やα6300と...

今回はそのα6400で使用可能なソニーEマウントレンズをまとめてみました。もちろんα6500などでも使用できますよぉ〜。※フルサイズ用のレンズとなると少し価格か上がってしまうので今回はAPS-C縛りで紹介します!

標準レンズ

SEL50F18

35mm換算で約75mmの焦点距離。でF1.8です。めちゃくちゃ明るいレンズですし、手振れ補正もついている。室内ではちょっと画角が狭くなるので厳しいかもしれませんが、外のスナップでは重宝しそう。

SEL35F18

35mm換算で約50mmの焦点距離。これもSEL50F18と同じく、F1.8の明るいレンズ。こちらも手振れ補正つき。
SEL50F18よりも軽くて、レンズのサイズも小さいので、もし買ったらスナップのときは常時つけてそう。SEL50F18とのどちらかで1本あれば良いと思います。広角の方がクラップして使えるのでいいかも。

SELP18105G

焦点距離が18mmから105mmと、幅広い画角で撮れるのはもちろん、通しでF4.0!そして手振れ補正つき。105mm(35mm換算で約165mm)のときにF4.0だとかなり良いボケが作れそう。これが約5万円で手に入るっていいかも。

広角レンズ

SEL20F28

35mm換算で約30mmの焦点距離。そしてこのパンケーキ具合。
もし普段からバッグの中に入れて持ち歩くなら絶対パンケーキレンズがいいですよね。
僕だったらα6400と一緒にこのレンズを買います。絞り値もF2.8とスナップには十分な明るさ。いいですね。

LAOWA 9mm F2.8 ZERO-D

35mm換算で約15mmの焦点距離。THE広角といった感じのレンズです。LAOWAのフルサイズ用の12mmレンズを持っているのですが、おそらく同じような絵が撮れるのかなと。15mmの焦点距離だと室内や建築物・景色がダイナミックな写真が撮れますが、四隅のゆがみが気になる人がいるかも。軽い魚眼的な。ゆがみについてはPHOTOHITOや価格.comの作例をチェックですね。LAOWAはもともとマクロレンズに強いメーカーなので、接近しての撮影とかにも良さそう。マニュアルフォーカスなので動きを追う撮影には向きません。

KAMLAN FS 28mm F1.4

KAMLANという台湾のメーカー。35mm換算で約35mmの焦点距離で絞り値がF1.4!めちゃくちゃ明るそう。スペックだけ見ると面白そうなので今回選ばせていただきました。マニュアルフォーカスなので動きを追う撮影には向きません。
この商品は僕が興味本位で選んだものです。不明な点が多いので興味がある方はぜひ。

望遠レンズ

SELP18200

この画角の幅すごい。そして35mm換算で約300mmの超望遠。大口径レンズなので持ち運び重視でα6400を選んだ方は少し残念かもしれません。が、α6400のAFの能力をフルで発揮できるレンズではないでしょうか。個人的な考えですがα6400は望遠レンズで一番遊べる気がしますよ。

タムロン 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC B011

上のSELP18200と全く同じ焦点距離と絞り値です。違うところとしてはまず価格が安い。そしてレンズの重さが200g程度軽いレンズです。予算が許すなら上のSELP18200ですが、なるべく費用を抑えたいけど望遠が欲しいという人におすすめです。

まとめ

といった感じでα6400で使用できるおすすめのソニーEマウントレンズをまとめてみました。僕個人の意見としては標準は「SELP18105G」、広角は仕事とかで使ったりしない限りレンタルレンズで十分かもしれません。望遠は「SELP18200」一択ですね。お金ないですが…(汗)

いよいよ明後日発売ですね~。どんなレビューが上がってくるか楽しみだ。

 

この記事が気に入ったらフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です