ガジェット

ソニーの超望遠レンズ「SEL200600G」が登場!ソニーEマウントの望遠レンズをまとめてみた

ソニーの超望遠レンズ「SEL200600G」が登場!ソニーEマウントの望遠レンズをまとめてみた

ソニーから、超望遠レンズ「SEL200600G」が2019年7月26日に発売されると発表されましたね。今まで、400mmまではGMシリーズでありましたが、600mmで撮影するとなるとテレコンバーターが必要だったので、望遠レンズユーザーには待望のといった感じではないでしょうか。

ぼくも、最近はサッカー観戦にハマっているので、1本は望遠レンズを欲しいところなので、このSEL200600Gも候補のひとつです。

ということで今回はSEL200600Gの簡単な仕様紹介と、ソニーEマウントの望遠レンズを一覧にして紹介します。

ぼくのように、ソニーEマウントの望遠レンズをお探しのかたはぜひご参考にしてみてください。

毎日開催!Amazonタイムセール!
気になる商品が安くなっているかも!?

限定品も多数あります!気になる商品を早めにチェクしておきましょう!

Amazonタイムセール会場へ!!

SEL200600G

ソニーの超望遠レンズ「SEL200600G」が登場!ソニーEマウントの望遠レンズをまとめてみたテレコンバーターを使わずに焦点距離600mmは熱いですね。
ただ、最短撮影距離が2.4mmなのでまず室内の撮影はむずかしそう。笑
ぼくのようなアマチュアには、さまざまなシーンで撮影できるレンズがいいのですが…(略)

撮影するシーンが限られるのが嫌な人、予算に余裕がある人は「SEL100400GM」にテレコンバーターを使ったりして幅広く使うってのもありかもしれませんね。

SEL200600Gのレンズ仕様
レンズマウント ソニー Eマウント
フルサイズ対応
焦点距離(mm) 200-600(フルサイズ換算)
レンズ構成(群-枚) 17-24
画角 12°30′-4°10′
開放絞り F5.6-F6.3
最小絞り F32-F36
絞り羽根 (枚) 11枚
円形絞り
最短撮影距離 2.4m
フィルター径 95mm
手ブレ補正 レンズ内手ブレ補正方式
外形寸法 外径111.5mmx長さ318mm
質量 約 2,115g
希望小売価格 278,000円+税

Eマウント望遠レンズをご紹介

SEL200600Gは言わずもがな素晴らしいレンズです。ただ、予算が・・・というかたもいらっしゃるかと思いますので、ここでEマウント望遠レンズを紹介しておきます。
まぁ、ぼくも狙っているレンズの紹介って感じでもありますが。
Eマウントの望遠レンズを検討中のかたは参考にされてみてください。

15万円以下で購入できるEマウント望遠レンズ

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥125,230
(2019/10/22 10:10:26時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥110,475
(2019/10/22 10:10:26時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥145,890
(2019/10/22 10:10:27時点 Amazon調べ-詳細)

20万円以上のEマウント望遠レンズ

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥289,500
(2019/10/22 10:10:27時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥263,064
(2019/10/22 10:10:28時点 Amazon調べ-詳細)

100万円以上のEマウント望遠レンズ

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥1,413,691
(2019/10/22 10:10:28時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥1,677,200
(2019/10/22 10:10:28時点 Amazon調べ-詳細)

焦点距離を伸ばしたいならテレコンバーター

望遠レンズで焦点距離を伸ばしたい方にはテレコンバーターがおすすめですが、ひとつだけ注意点があります。それは、安いレンズには使えないということ。

ここでいう安いレンズとは「15万円以下で購入できるEマウント望遠レンズ」のことです。レンズ構成上、SEL70200GやLA-EA4等は後玉や半透過ミラーと接触し破損の懸念があるため使用できないようです。

まぁ、安いレンズでテレコンが使えれば高いレンズが売れませんからね…

まとめ

やっぱり、こうやって新しい商品がでて、調べて、まとめたりしていると…

買いたくなる。

ボーナス払いとかにして買いたくなる。切実に。

そんなぼくのボヤキはさておき、野鳥を専門に撮影するようなカメラマンでない限り、望遠レンズは1本持っておけば十分かと個人的に思うのですが、そうなったとき焦点距離をより広くカバーできるものを欲しいですよね。

僕個人の意見としては100mm~600mmぐらいまでカバーできればいいので、先で紹介したSEL100400GMにテレコンバーターを付ける形がベストなのかもしれません。

ちなみに、シグマが70-200mm F2.8のEマウントバージョンを7月に発表という噂が流れているので、それが本当なら買いかもしれませんね。

シグマの今後の発表に注目です!
この記事が気に入ったらフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です