ガジェット

GoPro HERO7とHERO6のブラックをサクッと比較。今買うならどっちがHERO6がおすすめ!?

GoPro HERO7 BlackとGoPro HERO6をさくっと比較してみました。最新の手振れ補正「HyperSmooth」や「ライブストリーミング」機能が付いたHERO7。コスパ重視ならHERO6という選択も全然あり。

こんばんは。けいしろー。です。

相変わらずRX0IIかGoPro HERO7 BlackかDJI osmo pocket、どれを買おうか迷っています。

前回はRX0IIとRX0だったらRX0IIのほうが良いかなぁといった感じで分析したのですが、今回はGoPro HERO7 BlackHERO6を比較したいと思います。

僕的、比較表

【NEW!!】GoPro HERO7 GoPro HERO6
動画撮影 4K/60fps 4K/60fps
写真 1200万画素 1200万画素
縦向き撮影 ×
RAW撮影
スーパーフォト機能 ×
手振れ補正 HyperSmooth アドバンス
音声 トリプル ステレオ
LIVEストリーミング ×
HDR ×
TimeWarp ビデオ
×
バッテリー(4K60fps) 45分~50分 70分
サイズ 62.3L×44.9H×33 62.3L×44.9H×33
質量 116 g 116 g
価格 53,460円(税込) 44,300円(税込)

画質はほぼ変わらない

動画の画質比較動画を片っ端からYoutubeで見ていきましたが、ほぼ変わりませんでした。魚眼モードのときに、HERO7のほうが若干ゆがみが少ないのかな?という感じです。おそらくスマホで見る分にはほぼ変わらないと思います。

新機能として「TimeWarp ビデオ」という撮影モードがあります。
正直、通常のタイムラプス機能とどう違うのかがイマイチ分かりませんが、歩きながらのタイムラプス動画が撮れるそうです。Premiereの早送りと一緒ではないのか?
誰か違いを分かりやすく説明してください<(__)>

手ブレ補正が数段アップ

HyperSmooth」という手ブレ補正機能が搭載されました。もともとHERO6でも手振れ補正は良かったようですが、より安定した動画が撮れるようになったようです。

公式動画を見た感じだとすっごい滑らかになっています。ただジンバルを持っている人はあまり意味がないような気もします。ネックストラップを使って撮影する人は良いのかもしれませんね。

ライブストリーミングが可能に

GoPro HERO7 BlackはFacebook、Youtube、RTMP URLでライブストリーミングができます。GoProだけではできませんので、WiFi環境とスマホを用意する必要です。
ライブ配信をする予定が無い人は無縁の機能かもしれません。僕も正直、ライブ配信の予定はないので宝の持ち腐れのような機能です。
もしライブ配信がしたくなったとしてもスマホで十分のような気もします。

スーパーフォト機能

スーパーフォト機能、綺麗と思います。カッコいい写真が簡単に撮れると思います。
でもですね。僕はGoProにそんな機能は求めてないのです。笑
写真はRICOH GR3で十分かなぁ。

まとめ

他にも縦向きでの撮影や、HDRが新機能としてあります。ですが正直、今のぼくではGoPro7は持て余しそうな感じがします。GoPro6でも自分がやりたいことを実現できそうです。もしGoPro6にした場合、7との20,000円の差額をアクセサリー類に充てることができるというメリットもあったり。コスパを重視するならGoPro HERO6という選択でも全然あり。

僕の勉強不足も十分あると思います。もしGoPro7をお持ちの方は、GoPro7 Blackの良さをコメント欄で教えていただければ嬉しいです。

created by Rinker
¥36,980
(2019/04/26 11:55:07時点 楽天市場調べ-詳細)

ではでは。

GoPro7を買ったほうが後悔はないのかぁ。
この記事が気に入ったらフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です