ガジェット

要点だけ比較!SEL135F18GM と SIGMA 135mm F1.8 DG HSM Artのスペックを比べてみた

f1.8135mm

僕とは縁がないであろうGMレンズのご紹介です。

SONYから新GM(G Master)レンズ「SEL135F18GM」が発表されました。
SIGMAでもほぼ同じスペックの「135mm F1.8 DG HSM Art(Eマウント)」が去年の夏ごろ発売されています。
ということで今回、SONYの「SEL135F18GM(以下GM)」と「135mm F1.8 DG HSM Art(以下SIGMA)」を要点を抑えて比較してみます。

今回はあくまでスペックをもとに比較しています。描写とかは人の感じ方や、撮影するシーンによっても異なるので割愛します。

毎日開催!Amazonタイムセール!
気になる商品が安くなっているかも!?

限定品も多数あります!気になる商品を早めにチェクしておきましょう!

Amazonタイムセール会場へ!!

スペックの要点まとめ

[NEW] SEL135F18GM 135mm F1.8 DG HSM Art
焦点距離(mm) 135 135
レンズ構成枚数 10群13枚 10群13枚
画角(35mm判) 18° 18.2°
開放絞り F1.8 F1.8
最小絞り F22 F16
絞り羽根 (枚) 11枚(円形絞り) 9枚(円形絞り)
最短撮影距離 0.7m 0.875m
最大撮影倍率 0.25(1:4) 0.20(1:5)
レンズ内手ブレ補正
フィルター径 82mm 82mm
最大径 × 長さ φ89.5mm x 127mm φ91.4mm × 114.9mm
質量 950g 1,130g
希望小売価格(税別) 235,000円 175,000 円
発売日 2019年4月19日発売予定 2018年 7月20日

SEL135F18GMのほうが17.5cm近く寄ることができる

GMとSIGMAのどちらもフォーカス方式はフローティングフォーカス機構を採用していますが、最短撮影距離が異なります。GMの最短撮影距離が70cm、SIGMAの最短撮影距離が87.5cmとGMのほうが17.5cmも近く寄ることができます。

17.5cmも近く寄れるなら、ボケ具合がだいぶ変わりそう

SEL135F18GMは最小絞りがF22

絞り羽根が多いおかげでF22まで絞ることができます。F22まで絞ることがあまり無いので、個人的にはあまり参考にしません。ただ、SONYサイトの特長を見ていくと「11枚羽根の円形絞りの採用で、開放から少し絞っても円形のぼけ描写を保持」とのこと。開放から多少絞っても円形のぼけ(玉ボケ)を保てるそうです。

ボケ描写を売りにしているレンズにとって、絞ってもキレイにボケるというのはメリットなんですね。あまり気にしたことありませんでした。

SEL135F18GMのほうが180グラム軽い

GMのほうが1cmほど長いにもかかわらず180グラム軽いです。SONYサイトを引用すると「最新の光学設計とメインシャーシにマグネシウム合金を使うことで、軽量と堅牢性を両立。」ということなので「軽くて丈夫」。

SIGMAの素材は分かりませんでした。

SEL135F18GMのほうがAFが優秀らしい

GMはソニー独自のXD(extreme dynamic)リニアモーターを4基搭載。SIGMAも大型HSM(Hyper Sonic Motor)を使っていてAFには定評があります。どちらのモーターのAFが速いといった情報を調べることはできませんでしたが、実際に2つを使ったことがある人の記事を見たところGMのほうが体感で1.5倍ほど速いそうです。

フォーカスリミッターを使ってもGMが早いのか気になるところ。

あとフォーカスホールドボタンがGMには搭載されています。しかも縦と横、どちらの構えでも使いやすいように2箇所。

まとめ

135mmはポートレート用に欲しい1本ですよね。しかもF1.8は超魅力的です。
スペックを比べた感じだとGMのほうが優秀。ただ、値段は優秀ではない。
SONYの最高ランクレンズ「GMシリーズ」なだけあって高いです。到底僕は手を出し切れません。買うことは無いかもしれませんが、一度レンタルで使ってみようと思います。

今回「自分がもし買うなら」という立場でメーカーの情報や、ネットにアップされている情報をまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

今回紹介したレンズ

 

あ、SEL50F14Zを買いました。

ではでは。

この記事が気に入ったらフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です