写真現像

3分でできる!Lightroomでウォーターマークを入れる方法

ウォーターマーク

ウォーターマークとは写真の右下にあるコピーライトのようなもので、画像の盗用予防に効果があるといわれています。

ウォーターマークちなみにウォーターマークの語源は、紙の上に水滴を垂らしたときにの模様に似ていることからだそうです。

盗用予防にもなりますが、自分の名前やロゴが入っていると写真に少し箔が付くというか、カッコいいですよね。

ということで、今回はAdobeのLightroomで超簡単にウォーターマークを入れる方法をご紹介します。※この記事はAdobe Lightroomで多少編集できる人に向けて書いています。

毎日開催!Amazonタイムセール!
気になる商品が安くなっているかも!?

限定品も多数あります!気になる商品を早めにチェクしておきましょう!

Amazonタイムセール会場へ!!

Lightroomでウォーターマークをつけよう

現像する写真の上で右クリックして「書き出し」をクリックします。

ウォーターマーク

「透かし」にチェックを入れます。

ウォーターマーク

チェックを入れると右のプルダウンが開けますので「透かしを編集…」をクリックします。

ウォーターマーク

説明しなくても分かるようなインターフェースになっていますが、念のため。

■ウォーターマークにロゴを使いたい場合
⇒「A」の画像オプションを選択

■ウォーターマークにテキストを入れたい場合
 ⇒「B」にテキストを入力

ロゴの位置や文字の位置の調整は「画像オプション」の下「C」、「テキストオプション」「透かしの効果」でおこないます。

編集が完了したら「保存」をクリック。

ウォーターマーク保存をクリックすると、このウォーターマークのプリセット名を聞かれますので、任意の名前で付けます。
ウォーターマークは位置や透明度は写真ごとに変えられませんので、「右下」「左下」など位置や不透明度に分けて作成し、使い分けることをおすすめします。

保存して、そのまま書き出すとウォーターマークが入った写真の完成です!

ウォーターマーク

まとめ

あっという間に、自分オリジナルのウォーターマークの完成です。
自分のロゴを作って、写真に入れるとよりクオリティが上がるような「気」がします!笑

ぜひ皆さんもLightroomを使ってウォーターマークをつけてみてはいかがでしょうか。

ウォーターマークをつけるとおしゃれっすよねー。

 

この記事が気に入ったらフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です