アイレベル(あいれべる)

シェアしてもらえると嬉しいです!

人の目線の高さで撮影すること=アイレベル

立ったままカメラを構え、人の目線の高さでの撮影のことを「アイレベル」と言います。アイレベルで撮ると人目線のため自然な写真になります。アイレベル以外にもしゃがんで低い位置から撮影したり、手を伸ばして高い位置から撮影したりすると表現の幅が広がり、一味違う写真になります。

また、子どものスナップ写真は子供の視線までしゃがんで撮ってみると、より表情が分かる描写になります。また、イヌやネコなどの動物や、地面に咲く花などは、地面にはいつくばって撮影するとダイナミックな描写になります。高い位置からの構図をハイアングル、低い位置からの構図をローアングルと言います。構図を決めてさまざまな高さから撮影してみましょう。

シェアしてもらえると嬉しいです!

フォローする